shingoushori's dialy

音信号処理を専ら研究していた元博士後期課程の学生によるメモ

VRM を読み込んで ~ Glitch してみた

VRM - VR向け3Dアバターフォーマット - を読み込みます。
今回は、Glitchしてみました。
といってもオリジナルでなく、3Dやる Three.js さんのサンプルにあったやつを載せただけですが。

直接関係ないやつ(site表示,PNG書出,zangyou,チョップ)は過去の残しっぱなし。

VRMを [Select or Drop files here] すると、zangyou をチョップする感じで読み込まれるはずです。pixivのGitHubに three-vrm-girl.vrmっていうデモな3Dモデルさんがいらっしゃいますので、 [testModel] ボタンでご召喚できるようにしてます。

後ろのsiteがどんなurlにまで対応しているかは謎です。そのsiteを用いる上での権利やセキュリティについては、このコンテンツでは全く処理していません。このコンテンツを利用したことによるいかなる責任も負いません。自己責任でお願いします。

or Drop files here

               

 
 

チョップ

Three.js でも canvas に書き出しているので、canvasでglitchする楽しそうな記事を試そうとしました。
しかし、canvasの画素値が取得できず断念。
Three.js だからなような?できそうでできないのが悲しい。


[参考文献]

@pixiv/three-vrm three-vrm-girl.vrm

examples of @pixiv/three-vrm blendshapes.html Control facial expression using blend shapes

https://github.com/pixiv/three-vrm

たのしいglitch

three.js examples - postprocessing / glitch

Three.jsでポストプロセスを試してみる

Three.jsのポストプロセスでフィルタをかける

Post Processing with three.js

VRM を読み込んで ~ ギターの画像入れてチョップしよう

VRM - VR向け3Dアバターフォーマット - を読み込みます。
今回は、ギターをチョップします。
下の方の [Select or Drop files here] に画像を入れると、ギターっぽく斜めに出します。
これを [チョップ] のスライダーでチョップしましょう。

直接関係ないやつ(site表示,PNG書出,zangyou,チョップ)は過去の残しっぱなし。

VRMを [Select or Drop files here] すると、zangyou をチョップする感じで読み込まれるはずです。pixivのGitHubに three-vrm-girl.vrmっていうデモな3Dモデルさんがいらっしゃいますので、 [testModel] ボタンでご召喚できるようにしてます。

後ろのsiteがどんなurlにまで対応しているかは謎です。そのsiteを用いる上での権利やセキュリティについては、このコンテンツでは全く処理していません。このコンテンツを利用したことによるいかなる責任も負いません。自己責任でお願いします。

or Drop files here

                       

 
 

 
or Drop files here

動作チェックはhttps://vroid.com/ (Mac版) 0.7.2 / 0.7.5 / 0.8.0 で自作したモデル。MacChrome でだけ。
ギターを弾くようなモーションを作ろうとしてます。
それっぽくするのにすぐできなさそうだったので、とりあえずチョップです。
座標系や回転軸を見えるようにしないときついです。
ますます既存ツールで良いような。

ライブラリは『pixiv three-vrm』です。
モデル使用に関する免責事項のお手本は、 https://facevtuber.com/ さん。

 


[参考文献]

@pixiv/three-vrm three-vrm-girl.vrm

examples of @pixiv/three-vrm blendshapes.html Control facial expression using blend shapes

https://github.com/pixiv/three-vrm

 

Three JS:Geometryでオリジナルの形状を作ってみる

立方体の各面にテクスチャを貼る - three.js アプリ

Three.jsを使って簡易な図形の描画

デザイナーでもできる。three.jsでwebGL 第2回「テクスチャー」

Three.js の球体のテクスチャに透過部分のある画像を使って表示

Three.js(Canvas) : 2平面(それぞれ裏表としてテクスチャ)、MeshBasicMaterial に overdraw: true をセットする意味と、Texture オブジェクトを onload で作成

three.jsで画像を表示する最小サンプル

Group - three.js docs

 

VRM を読み込んで ~ 腕あたりの関節の角度を数値指定してみる

VRM - VR向け3Dアバターフォーマット - を読み込みます。
今回は、腕あたりの関節の角度を数値指定してみます。

直接関係ないやつ(site表示,PNG書出,zangyou,チョップ)は過去の残しっぱなし。

VRMを [Select or Drop files here] すると、zangyou をチョップする感じで読み込まれるはずです。pixivのGitHubに three-vrm-girl.vrmっていうデモな3Dモデルさんがいらっしゃいますので、 [testModel] ボタンでご召喚できるようにしてます。

後ろのsiteがどんなurlにまで対応しているかは謎です。そのsiteを用いる上での権利やセキュリティについては、このコンテンツでは全く処理していません。このコンテンツを利用したことによるいかなる責任も負いません。自己責任でお願いします。

or Drop files here
 
 

RightShoulder
RightUpperArm
RightLowerArm
RightHand
LeftShoulder
LeftUpperArm
LeftLowerArm
LeftHand

動作チェックはhttps://vroid.com/ (Mac版) 0.7.2 と 0.7.5 で自作したモデル。MacChrome でだけ。
Shoulder と UpperArm の違いがわかりにくいような。
数値を知るにしても、数値での入力だけだとやりづらいですね。

ライブラリは『pixiv three-vrm』です。
モデル使用に関する免責事項のお手本は、 https://facevtuber.com/ さん。

 


[参考文献]

@pixiv/three-vrm three-vrm-girl.vrm

examples of @pixiv/three-vrm blendshapes.html Control facial expression using blend shapes

https://github.com/pixiv/three-vrm

 

VRM を読み込んで ~ zangyouをチョップさせる動画を書き出してみた

VRM - VR向け3Dアバターフォーマット - を読み込みます。
今回は、動画で書き出してみました。
Googleさんが流行らそうとしているらしいWebMへは簡単に出せました。
しかし、WebMは不便です。YouTubeには上げられてもTwitterには上げられず、QuickTimeだと再生/編集できなさそう。
ということで、WebMからMP4への変換もやってみています。
videoconverter.jsっていう、FFmpegっていう定番ツールのJavaScript移植っぽいやつでやってみています。
が、なんか画像が壊れる、時間がかかるくせに。微妙です!!

VRMのライブラリは『pixiv three-vrm』です。
pixivのGitHubに three-vrm-girl.vrmっていうデモな3Dモデルさんがいらっしゃいます。
なので [testModel] ボタンでご召喚できます。

 
Drop files here

                                             

チョップ

動作チェックはhttps://vroid.com/ (Mac版) 0.7.2 と 0.7.5 で自作したモデル。MacChrome でだけ。
そろそろポーズとかモーションをチョップだけから卒業したい ... !

モデル使用に関する免責事項のお手本は、 https://facevtuber.com/ さん。

 

[参考文献]

@pixiv/three-vrm three-vrm-girl.vrm

examples of @pixiv/three-vrm blendshapes.html Control facial expression using blend shapes

【Nuxt.js】canvasを画像化する際にバックグランドカラーが表示されない【Javascript】

Canvas.toDataURL() - キャンパスをデータURIに変換する

Exporting to image #989

https://github.com/pixiv/three-vrm

 

JavaScriptでcanvasを録画して動画ファイルに保存する方法

MediaRecorder()

videoconverter.js

CDN for ffmpeg.js

x264 comitted, but supported? Typo in docs

Blob, ArrayBuffer, Uint8Array, DataURI の変換

Ffmpeg.js/webm-to-mp4.html

安定しないフレームレートに効果的! WebGLのカクつき対策まとめ(Three.js編)

 

VRM を読み込んで ~ さまざまなアイコンがくるくるするサンプルコンテンツに放り込んでみた

VRM - VR向け3Dアバターフォーマット - を読み込みます。
今回は、さまざまなアイコンがくるくるするサンプルコンテンツに放り込んでみました。
これまでは zangyou だけだった訳ですが、それは絵文字は愚かひらがなすら出せなかったんです、フォントの都合で。
どうせなら絵文字とか出したいですよね。で、すてきな紹介記事「HTML5 CanvasとWebGLでウェブフォントを扱う方法」に巡り会いましたので、VRM を放り込むだけでも楽しそうなのでやってみました。

VRMを [Drop VRM files here] すると、真ん中に放り込めるはずです。pixivのGitHubに three-vrm-girl.vrmっていうデモな3Dモデルさんがいらっしゃいますので、 [testModel] ボタンでご召喚できるようにしてます。

Drop files here

 

  

 

                    

チョップ

動作チェックはhttps://vroid.com/ (Mac版) 0.7.2 と 0.7.5 で自作したモデル。MacChrome でだけ。

ライブラリは『pixiv three-vrm』です。
モデル使用に関する免責事項のお手本は、 https://facevtuber.com/ さん。

 

[参考文献]

HTML5 CanvasとWebGLでウェブフォントを扱う方法

@pixiv/three-vrm three-vrm-girl.vrm

examples of @pixiv/three-vrm blendshapes.html Control facial expression using blend shapes

【Nuxt.js】canvasを画像化する際にバックグランドカラーが表示されない【Javascript】

Canvas.toDataURL() - キャンパスをデータURIに変換する

Exporting to image #989

https://github.com/pixiv/three-vrm

 

VRM を読み込んで ~ その後ろにどこぞのsiteを表示してみた

VRM - VR向け3Dアバターフォーマット - を読み込みます。
今回は、背景にどこぞのsiteを表示させてみました。
とりあえず、CC(クリエイティブ・コモンズ)らしいNASAの地球を持ってきてみました。Space Cats ならぬ Space zangyou です。

VRMを [Drop VRM files here] すると、zangyou をチョップする感じで読み込まれるはずです。pixivのGitHubに three-vrm-girl.vrmっていうデモな3Dモデルさんがいらっしゃいますので、 [testModel] ボタンでご召喚できるようにしてます。

後ろのsiteを操作するのにVRMが邪魔な場合は、 [dispVRM] ボタンで表示/非表示を切り替えられるはずです。

後ろのsiteがどんなurlにまで対応しているかは謎です。そのsiteを用いる上での権利やセキュリティについては、このコンテンツでは全く処理していません。このコンテンツを利用したことによるいかなる責任も負いません。自己責任でお願いします。

Drop VRM files here

                                                                                                                                                      

 
 

チョップ

動作チェックはhttps://vroid.com/ (Mac版) 0.7.2 と 0.7.5 で自作したモデル。MacChrome でだけ。
ポーズとかモーションだけじゃなく、いじりたいことがゴロゴロある...。
背景のURLも含めて画像ファイルに書き出せないかとやってみましたが、現行のWebブラウザたちではそういうAPIはないかも?スクショで頑張るしかなさそうです。

ライブラリは『pixiv three-vrm』です。
モデル使用に関する免責事項のお手本は、 https://facevtuber.com/ さん。

 


[参考文献]

@pixiv/three-vrm three-vrm-girl.vrm

examples of @pixiv/three-vrm blendshapes.html Control facial expression using blend shapes

JavaScript による IFRAME の動的実装

divタグのリサイズを拾う

Three.jsでの最適なリサイズ処理

https://github.com/pixiv/three-vrm

 

VRM を読み込んで ~ 背景透過PNGで書き出してみた

VRM - VR向け3Dアバターフォーマット - を読み込みます。
今回は、背景透過PNGで書き出してみました。
ライブラリは『pixiv three-vrm』です。
pixivのGitHubに three-vrm-girl.vrmっていうデモな3Dモデルさんがいらっしゃいます。
なので [testModel] ボタンでご召喚できるようにしてみました。

 
Drop files here

                                                                                                                                            

チョップ

動作チェックはhttps://vroid.com/ (Mac版) 0.7.2 と 0.7.5 で自作したモデル。MacChrome でだけ。
そろそろポーズとかモーションをチョップだけから卒業したい ... !

モデル使用に関する免責事項のお手本は、 https://facevtuber.com/ さん。

 

[参考文献]

@pixiv/three-vrm three-vrm-girl.vrm

examples of @pixiv/three-vrm blendshapes.html Control facial expression using blend shapes

【Nuxt.js】canvasを画像化する際にバックグランドカラーが表示されない【Javascript】

Canvas.toDataURL() - キャンパスをデータURIに変換する

Exporting to image #989

https://github.com/pixiv/three-vrm