読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shingoushori's dialy

音信号処理を専ら研究していた元博士後期課程の学生によるメモ

Linuxの,コマンドライン上での音ファイル再生にまつわる,オーディオデバイス選択の覚書

まず,コマンドライン上で音ファイル再生する手段について.

あたりのコマンドで行うことになりそうだ.
検索して得られる情報数が,この順番という印象.

playは,soxのコマンドを別名で呼び出せるようにしてあるものらしい.
今回タイトルにあげている,オーディオデバイスの選択は,
親玉soxでやるほうがよさそう.

aplayの"a"は,どうやらALSAの"a"のよう?

mplayerは,The Movie Playerらしい.ということで,とりあえず放置.

 

さて,soxでオーディオデバイスを選択して再生する方法である.
hoge.wav を,振幅をx0.2として,alsaの番号1のポートから再生するとき,

sox -v .2 hoge.wav -t alsa hw:1,0

という具合で実現できた.
設定する番号の候補は,

cat /proc/asound/modules

で確認できそう.

 

aplayでは,

aplay hoge.wav -D fugadevice

といった感じになる.
ここで,fugadeviceにあたる文字列は,

aplay -L

で羅列される候補から選択する.
この候補が厄介なことに,現在接続されているかは無関係に羅列されているようにみえる.
狙いのポートを発見するのに手間取りそうだ.