読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shingoushori's dialy

音信号処理を専ら研究していた元博士後期課程の学生によるメモ

Web Audio API で、Multi-tap Delay (3 tap feedforward and 3 tap feedback)

HTML5 JavaScript Web Audio API エフェクタ / Stompbox 信号処理 / Signal Processing

Web Audio APIで、ディレイを組んでみました。
ただ、1本だけディレイのラインを出すだけならば、Web Audio APIにあったはず。
マルチタップで混沌とするには、1本だけのを組み合わせるのはメモリが勿体無い。
ちょっとだけ頭を捻って、1本だけのを組み合わせるよりはエコなものを組みました。

図などは、また時間があるときに描くことにいたしまして ... 

核心は、Web Audio API のフレームの倍サイズのメモリを1本用意し、
各サンプルでの数値をそのメモリ内の2箇所ずつに書き込んでいくこと。
リングバッファの実装で行われている技法です。
さっと探して参考文献が見当たらなかったので、こちらも後日。

計算量を検討したわけじゃないですが、
Web Audio APIのようにザクザクとブロック処理する場合は、
毎サンプルごとにリードライトを繰り返すくらいなら、
2箇所に書いてしまって、ポインタだけを動かした方が、たぶんシンプルです。

 

そんなMulti-tapなDelayを、feedforwardを3 tap と feedbackを3 tap 持たせまして、
前回( Web Audio API で、内蔵マイクで録音、ただしFirefox - shingoushori's dialy )
... のやつに繋いでみました。
内蔵マイクにDelay, wavを2つ同時再生してそちらにもDelay、ただしFirefox

 

実装してみて気づいたのが、3 tapのfeedbackのゲイン係数の発振条件。
1本だけなら、絶対値を1未満にしておけばいいわけです。
今回は3 tapが並列になるわけで、
遅延量が整数比の時には、倍数の経路でのゲイン係数が、
実際には約数の経路のゲイン係数との和になるわけですな。
条件を計算するのは後回しとしまして、
今回はとりあえず絶対値を0.33以下にしておきました。